私は3人の子を持つ父です。

自らの子供が待機児童になった経験から、子育て世代が住みたいと思える藤沢にしていかなければならない!と決意し2015年3月末、勤めていた会社を退職、初出馬し当選。

日々3,053票の重みに応えられるよう、全力で活動してきました。

そして今、変わらず思うこと。

子供に優しい藤沢にしたい!

子育てや教育への予算を十分に確保して、安心して子供を産み、育てられる環境を整えたい。それは結果的に、人口の流入、定着、出生率の増加につながり、人口の増加、経済成長にもつながります。

子供たちを応援することは、子供たちや子育て世代のためだけではありません。

子供に寄り添えるまちは、高齢者や障害者をはじめ、すべての人に寄り添えるまちでもあるのです。

子供たちには選挙権がありません。そんな子供たちの代弁者に私はなりたいのです。

子供に対する政治の貧困を変え、

すべての人に優しいまちをつくりたい。

​それが藤沢の未来につながると信じています。

©  西智 2015